京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 360度ピンクのシャワーが降り注ぐ!原谷苑で桜を見よう❤

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>着物コラム【京都:エリア別おすすめ情報】>360度ピンクのシャワーが降り注ぐ!原谷苑で桜を見よう❤

着物大事典

着物コラム【京都:エリア別おすすめ情報】

360度ピンクのシャワーが降り注ぐ!原谷苑で桜を見よう❤

こんにちは~!もーです! 今回は京都にある、「原谷苑」についてご紹介するのですが、みなさん、この美しい桜の名所を知っていますか?京都といえば金閣寺や銀閣寺、清水寺などの有名なお寺や嵐山の紅葉を思いうかびますよね?京都にはお寺や紅葉だけでなく、桜の名所もたくさんあるんです。秋だけしか楽しめないと思ったら間違いですよ~!春は美しい桜をたくさん楽しめちゃうので、春の京都もはずせません!今回は、桜ジャングルとも言われるほど桜の木の密度が高く、シャワーのように美しい枝垂れの桜がみなさんに降り注ぐ場所、「原谷苑」についてご紹介していきたいと思います❤みなさんもぜひ最後まで読んで、蓮華寺の魅力について知ってくださーい!



 



【目次】



❤原谷苑とは



❤原谷苑の見どころは?



❤飲食物持ち込み禁止!?自家用車では来れない!?行く前に注意すべきこと



 



❤原谷苑とは



原谷苑は、京都にある桜の名所です。京都の中でも北の方に位置し、龍安寺や金閣寺の近くにあります。原谷苑は個人所有の地であるため、旅行雑誌などでも掲載されていなかったスポットでしたが、SNSなどのインターネットの影響もあり、年々有名になりました。



 



現在は桜の名所として有名な原谷苑ですが、桜が咲き誇るようになったのも昭和40年ごろのこと。実はここに至るまで数々の試練があったのです。明治初め、村瀬岩次郎が鷹峯という京都北区のはずれに山林業を起こし、花好きの2代目の常太郎は紅葉や梅、桜を植える場所を探していました。戦後の荒地開墾でなかなか成果が上がらない現在の原谷苑を開拓することを条件に譲り受けました。開拓団の人たちが手に負えない場所だったので、やはり恵まれた土地ではありませんでした。がらくた置き場やゴミ捨て場とされていたこともあったため、養分もない土地でした。育てやすい野菜を植えましたが、根付くことはありませんでした。昭和33年、そんな中桜だけは順調に育ち、友人や親戚などの身内だけで自家製の鶏肉やすき焼きなどをして花見をしました。桜の美しさは世の中に広まり、昭和40年頃には、桜の見頃の時期だけ一般公開されました。平成に入ってからは桜だけでなく、ツツジや山吹などの新しい花が増え、より美しい原谷苑となっています。



 



様々な努力があって今の原谷苑になっているんですね。この歴史を知った後では、また違った景色が見えることでしょう。



 



❤原谷苑の見どころは?



山の中の小さな集落に4万坪という規模の敷地に200本を超える桜が咲き誇る原谷苑。桜の木の密度が高く、桜のジャングルも言われています。メインは紅枝垂れ桜。まさに百花繚乱というほど、メインの紅枝垂れ桜やソメイヨシノ、白い桜、桃色の桜などいろんな種類の桜が咲き乱れています。



 



マップを見れば、どこに何が植えられているのかも確認することができます。公園で何気なく見ているだけでは桜のことについて学ぶ機会は少ないですが、このようにマップに桜の品種が記されていれば、桜の勉強にもなりますね。



 



原谷苑で見れるのは桜だけではなく、3月から5月には「乙女椿」や「しだれ桃」という赤と白に分かれた桃、そして黄色が美しい「山吹」など、数多くのお花が咲き誇っています。





 



❤飲食物持ち込み禁止!?自家用車では来れない!?行く前に注意すべきこと



 



原谷苑はもともと観光地ではなかったため、たどり着くのが少し大変というアクセスが悪い点があります。その上、自家用車や貸切車両で訪れることは禁止されています。京都市バスを利用する場合、1時間に1本または2本のM1系統という立命館大学と原谷の間を結ぶバスに乗る必要があります。もしくは2時間に1本の北大路バスターミナルと原谷を結ぶルートが好ましいでしょう。大人数で行かれる場合はタクシーを利用する場合がお得かもしれません。地下鉄「北大路駅」またはJR「円町駅」から約10分、もしくは阪急「西院駅」から約15分。金閣寺の後に観光される場合は金閣寺のタクシー乗り場から約5分です。



歩いてアクセスするという手段もあります。金閣寺から徒歩30~40分、仁和寺から徒歩30~40分かかります。歩くのが好きな方や涼しい時期ならいいかもしれません。



 



ここでは、一番見頃が一番高い入園料というシステムがあります。高い時期で1500円、安い時期で300円ほどです。入園料が安いときを狙うのもいいですが、せっかくなら美しい桜を見たいですよね!たまには思い切って高いお金を出すのもありですね!



 



また、ここ原谷苑では飲食の持ち込みができません。個人のお庭ですから、勝手なふるまいをするのもよくありません。また、ポイ捨てや三脚、一脚、敷物の使用も禁止されています。残念ながら、ブライダルなどの撮影も厳禁です。その代わりといってもなんですが、カメラの持ち込みは制限されていないので、写真を沢山とりましょう!おすすめの撮り方は、



枝垂れ桜の木の真下に立ち、上を向いて撮影することです。桜の花がこちらに話しかけているように見えませんか??その様子を写真に撮るとすごく美しいです❤



 



園内は舗装されていないので、坂道や段差に注意してくださいね!



ヒールよりも靴で訪れるのをおすすめします。



着物レンタルVASARAは全国に店舗を構えています!!!!365日毎日たくさんのお客様の着付けやヘアセットを請け負っているスタッフが、短時間であなたをかわいく変身させます!ひとりひとりの体に合わせて、スタッフが美しく着物を着つけます!!しかもヘアセットの心配もゼロ!!わざわざ美容院に行かなくても、あなたに似合うヘアセットをスタッフが手際よく行います!!!!!!



 



着物レンタルVASARA京都駅店 https://vasara-h.co.jp/shop/detail.html?id=10



 



着物レンタルVASARA京都駅前店 https://vasara-h.co.jp/shop/detail.html?id=20



 



着物レンタルVASARA京都祇園店 https://vasara-h.co.jp/shop/detail.html?id=7











 


カテゴリー